遠山日出也の
現代中国女性史研究ホームページ

(9)フェミニズムウォークと女性の行動の自由

フェミニズムウォークなどによって、性暴力などに対して女性の行動の自由を訴えるフェミニスト行動派の活動です。

1.年表

2013年

9月
 15日 肖美麗が性暴力反対と女性の自由などを訴える「フェミニズムウォーク」に出発(~2014年3月初め):道中で署名を2300筆以上集め、各地の政府や公安局・教育局に対して、学校での性暴力防止のための提案と情報公開申請を各165通送り、途中で共に歩いた人のべ52人(動画1動画2)。
 24日 教育部・公安部・共産主義青年団中央・全国婦連「少年・児童の性被害防止工作を立派におこなうことに関する意見」――「学生、とくに女子学生に警戒心を高めさせ、外出時はできるだけ連れ立って出かけ、家を離れる時は、必ず父母に帰る時間や、誰と一緒であるかや、連絡方法などを言うように教育する」、「女子学生寮に対して『閉鎖式』管理」をして、「夜間の点呼活動をしっかりやる」などの内容も含む。
10月
 5日 石家荘市で数人の若い女性が、9月24日の教育部・公安部などの「意見」に反対する「強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな」のパフォーマンスアート(肖美麗、猪西西ら)
 14日 鄭州市の河南省教育庁の前で、数人の女子大学生が、上と同様の「性侵害を防ぐために女子学生の自由を制限してはならない」パフォーマンスアート
 14日 8省市(北京・湖北・浙江・四川・山東・河南・甘粛・広東)の女子大学生、公安部・教育部と8省市の公安庁・教育庁に、政府情報公開申請を提出し、9月24日の教育部・公安部などの「意見」の具体的な執行レベルについて質疑を出すとともに、公安部と教育部に対して、校内の性侵犯防止のために閉鎖式管理をする根拠を公開するよう要求

2015年


5月
 3日~9日 林鯨ら、「性暴力反対・海南島一周自転車ツアー」。
10月
 18日 黄葉、うつ病の治療方法にもジェンダーバイアスがあることや、女性には外出やスポーツが奨励されない状況を批判するために、北京から広州までの徒歩旅行に出発。

2.関係ブログ記事

2013年5~10月:「学校教師による性暴力と行動派フェミニスト――『強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな』」(2013/10/20)
2015年5~11月:「林鯨らの『性暴力反対・海南島一周自転車ツアー』と黄葉らの『直男癌に抗する、うつ病女性のフェミニズムウォーク』(北京~広州)」(2015/11/23)